鍋の買替えならステンレス多層鍋ジオプロダクトがお薦めな訳

ここ一年ほどでソースパンとフライパンを買い替えたました。いろいろと調べた結果ジオプロダクトの両手鍋を3つ、無印の片手鍋をひとつ購入したのですが、そのときに検討したことをまとめておこうと思います。

全部読むのも調べるもの面倒だという方、結論は

宮崎製作所のジオブロダクトがおすすめです。

いろいろ調べて、実際に半年〜1年ほど使っていますが、これでよかったと思っています。以下、どうやってこの結論に至ったのかお話ししていきます。

買い替えの理由

買い替えの理由は、2-3年前にまとめて購入したフッ素加工の鍋が一斉に古くなってきたから。加工のコーティングが剥げてしまうと健康に害があると聞くし、なにより剥げたコーティングが家族の口に入ると思うと心配です。

思えば社会人になって一人暮らしを始めた時からずっとフッ素加工のものを使っていました。あまり深く考えずに、近くのホームセンターで「よさそう」なものを選んで使っていました。

でも、このまま数年おきにフッ素加工の鍋を買い替えていくのかな?

今回の買い替えでも最初はあまり深く考えず、重ねて収納できるティファールにしようかなぁとか思っていました。でもインターネットで調べていくうちにフッ素加工じゃない鍋の方がいいんじゃないかな?と思い始めました。

フッ素加工のメリット

  • 安価
  • 焦げ付かない

フッ素加工のデメリット

  • 2-3年ごとに買い替えなければいけない
  • フッ素はプラスチック
  • コーティングが剥がれると健康に害がある
  • 高温で調理すると劣化する
  • 料理を長時間フライパンに保存すると塩分や油分が染み込んで加工が腐食する
  • 火から下ろした鍋を水にかけて急冷すると加工が剥げやすくなる

メリットとデメリットを書き出してみると、なんかフッ素加工のデメリットの方が多いし

このままずっと数年毎に鍋を買い換えるサイクルを繰り返すより、安心、安全で一生使える鍋がほしい。

でも、どの鍋にしよう?

左からポトフ鍋20cm, 両手鍋22cm, 両手鍋18cm

ステンレス鍋という選択

長く使い続けられて、安全で、おいしく作れる鍋。これを調べていくとステンレスの多層鍋というキーワードが見えてきました。もっと調べていくと、メジャーなブランドがわかってきました。

  • ジオプロダクト 日本
  • ビタクラフト アメリカ
  • ツヴィリング ドイツ
  • フィスラー ドイツ
  • 無印 日本

そしてジオプロダクトにした決め手は

  • 鍋の底だけでなく、側面もすべて7層構造
  • 15年保証付き
  • 大きい4L鍋でも9,000円以下
  • すべてステンレスでできているからオーブンにも入れられる
  • 取手もステンレスのノンプラスチック製品
  • 日本の会社なので、国内の企業をサポートできる

これはおすすめポイントでもあります。

ジオプロダクト-ビタクラフトとの比較

ビタクラフトもよかった。ビタクラフトにはニューヨーク、コロラドやアリゾナなどたくさんシリーズがあります。調べてもらえばわかると思いますが、値段もピンキリです。でも、比較的近いスペックの鍋の金額と構造を調べるとやっぱりジオプロダクトの方がお得感があります。

例えば、アマゾンで(金額は調べた当時のもの。画像はアマゾンにリンクしています)

全面5層のタクラフト コロラド両手鍋22cm 4.1L は11,555円

全面7層宮崎製作所 ジオプロダクト 両手鍋 22cm 3.5L は7,045円

製品はとっても良いと思うのですが、これから鍋を揃えていくために複数購入したかったので、鍋1つ当たりの金額が低い方が魅力的に感じました。しかも、レビューを見る限りではジオも全然劣らない品質。

ツヴィリングとフィスラーも比較してみる

ツヴィリングとフィスラーとの比較も似た感じです。

底面3層構造プロ シチューポット 20cm (ガラス蓋付) 9,240円

やっぱりブランドの中でシリーズがいくつかあるのですが、ジオプロダクトと同等金額のものと比べるとスペックが下な感じ。例えば、上の鍋は底の部分だけ3層構造で全面ではありません。でも金額はジオより高額。

結論-ジオプロダクトの鍋を買おう

こんな感じで、まず全面7層宮崎製作所 ジオプロダクト 両手鍋 22cm 3.5L を購入しました。しばらく、無水調理をしてみたり、そのままオーブンに入れてグラタンを作ってみたり、米を炊いてみたりして使い勝手を検証してみました。

フッ素加工でない鍋を使うことで、焦げつきやすいとかなど不便な点はないかどうかもチェックポイントの一つでした。

結果、ぜんぜん問題ない。めちゃくちゃ便利でおいしく調理ができる。

ルクレーゼとかの鉄鍋も考えたのですが、肉を食べない我が家。そんなにコトコト煮るものもなし、むしろ重すぎできっと私は使わなくなるのでステンレスの鍋でちょうどいい。

そして、ひとつ、また一つと買い足して合計3つジオプロダクトの鍋を購入しました。

その他おすすめしたい優秀な無印の三層鍋

今回ひとつだけ片手鍋を買いました。小さめの片手鍋は主に家族4人分の味噌汁をつくる時に重宝しています。

全面三層鋼片手鍋 約1.5L 2,490円

無印のこの鍋、リーズナブルなのですが本当に満足しています。ジオプロダクトの鍋、確かによいのですが普通の家庭料理なら無印のものを使っても全然不便を感じないと思います。

ジオプロダクトにしてよかったと思う一方、無印で異なる大きさの鍋を揃えるのも全然ありだったなと思います。スタイリッシュだし、他にもキッチン用具で無印のものがあるので全部無印で揃えたら統一感があってよかったなと思います。

金額もリーズナブルなので、無印で揃えるのもおすすめです!

Join the Conversation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Like
Close
Copyright © 2022 はるさーキッチン.
Made with by Haruser Kitchen. All rights reserved.
Close