おやつやランチにサモサ

大好きなインド料理のひとつ、シンガラ。かれこれ、10年ほど前にバングラディッシュ出身のご夫婦に教えてもらったレシピです。

(ちなみに、インドではサモサと呼ばれているものは、バングラディッシュの人はシンガラと呼んでいるようです。)

たくさんもらったじゃがいもをどうしようかなっと、レシピノートをめくっていたら目にとまったシンガラのレシピ。久々に作ってみようかなっと思い立ちました。

普段はカレーとか、メインになる料理ばかりを作るのが優先して、なかなかシンガラを作るという機会がないんですよね。でも、今回久々に作っておいしさを再確認。

それに子供たちのちょうど良いおやつになる☺️

揚げたバージョンのシンガラ。油で揚げているので、オーブンで焼くよりやっぱり食べ応えがある。

今日も、新型コロナウイルス感染防止で人混みをさけてビーチに散歩に行き、夕方に帰ってきた際に小腹が減ったということで、家族みんなでシンガラをひとつずつ食べました。

出かける前に作っておいたので、お腹減ったよー、と言われてすぐに食べれる。

 

オーブンで焼いたバージョンのシンガラ。カリカリしておいしいし、揚げたものよりヘルシー? ペーストリーをしっかりくっつけないと手前のようにパカっと開いてしまいます。

できたてもホクホク しておいしいけど、残しておいておやつに食べるのもよいものです。

今日の沖縄は北風が強くて寒かった!

 

おやつやランチにぴったり。シンガラ(サモサ)

インドではサモサ、バングラディッシュではシンガラと呼ばれているペストリー。
Servings 12

材料
  

具材

パウダースパイス

ペーストリー

  • 250 g 薄力粉
  • 50 g キャノーラ油やオリーブオイル
  • 1 つまみ
  • 110 ml

作り方
 

ペーストリー

  • 薄力粉と塩をボールに入れる。油を回しかけさっと混ぜる。水を加えて、こねる。水は少しずつ加えて、ベチョベチョにならないように量を調節する。100-110mlくらいでうまくまとまるはず。
  • ひとつにまとめたら、濡れた布やキッチンペーパーをボールにかけておく。

シンガラの具を作る

  • フライパンに油を熱して、クミンシードを入れる。クミンシードの周りに泡が出てきたらにんにくとしょうがを入れて、香りが出てくるまで炒める。
  • じゃがいも以外の野菜を加えて、2-3分炒め、じゃがいもを投入!ちょっとじゃがいもが崩れるくらいが好みです。じゃがいもは鍋にくっつきやすいので中火から弱火で調整してください。
  • ガラムマサラ以外のスパイスを投入。1分ほどいためる。
  • 最後にガラムマサラを加えて、1分ほど炒めて火を止める。

シンガラを作る

  • ペーストリーを6等分にする。
  • ひとつずつ丸めて。
  • ペイストリーを伸ばし、半分に切る。
  • 切ったところに餃子の皮を包むときのように水をつけて。
  • 半分に折る!ジョイントの部分をきゅっきゅっとくっつける。もしくは、フォークで押す。
  • ここに具を入れる。ここまで大丈夫かな。
  • また端に水を指でつけて、ペイストリーを閉じる。
  • 仕上げは2種類。オイルを鍋に入れて、あげる。健康を考えて、あまり揚げ物をしないので油をたくさん使いたくない。なので、シンガラの半分くらいの高さまでフライパンに油を入れたら1面ずつ揚げる。
  • もしくは、180度のオーブンで20-25分。
ダイエット: ヴィーガン
特徴: スパイス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Recipe Rating




Like
Close
Copyright © 2021 はるさーキッチン.
Made with by Haruser Kitchen. All rights reserved.
Close