クラピアのお話3-クラピアの冬越え植栽7ヶ月

10月に植えたクラピア。沖縄の冬を越して、4月になりました。
7ヶ月でどれだけ成長したのかを記録しようと思います!

一番寒かった1月2月の成長はさすがにゆっくりでしたがそれでも着実に成長を続けていました。そしてこれが今のクラピアたち。順調に育っております。

植栽から7ヶ月

 

本土のように寒さで枯れることはありませんでした。本当は追肥や活性剤をあげた方がよかったのでしょうが、忙しくてほぼやっていません。メンテナンスでやったことは、気がついた時にクラピアの間から生えてきているクローバーや他の雑草を取り除くくらい。この作業は1回10分もやれば済む程度の草むしりでした。

植えた直後のクラピア

植えたばかりのクラピアをみると本当に赤ちゃんに見えますね。ちんまりして、傾斜の激しいところなんか落ちるのではないか、ちゃんと育つのか心配でした。それでも、秋、冬、初春とゆっくり成長を続けてここまで広がりました。

傾斜地なので、敷くのに大変苦労した土にかえる防草シート。本来なら土にぴったりくっついているのが理想ですが、なかなかそれが難しく無事に根を張っていくのか心配でしたが大丈夫でした。今は、茎を引っ張るとちゃんとシートを超えて土に根を張っているのが確認できます。

3月に入ってからは成長が目覚ましく、日当たりのよいエリアでは防草シートが見えないくらいに広がっています。
冬でこれだけ育ったので、夏の成長スピードはどんなものか非常に興味があります。

我が家のクラピア植栽はこの傾斜が初めてで、ここで成功したら他のエリアにも拡大していこうと考えています。
これで夏場のつらい草刈りが軽減できたら本当によいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Like
Close
Copyright © 2021 はるさーキッチン.
Made with by Haruser Kitchen. All rights reserved.
Close