クラピアのお話4- 新しい傾斜に移植

昨年10月、初めてクラピアを植栽してから8ヶ月、無事に越冬をして成長を続けているクラピアさんたち。

もうすぐ防草シートが見えなくなるくらい広がってきました。期待していた通り、おかげでこの傾斜部分の草刈りがめちゃくちゃ楽になりました。しかし、我が家には他にも草刈りの大変な傾斜地があります。

そこでゴールデンウィークを利用して、新しい傾斜エリアにクラピアを移植しようと防草シートを敷きました。

写真ではあまり伝わらないのですが、パパイヤがあるあたりは普通に立てないほど勾配がキツく草をむしり、防草シートを敷くのは至難の業でした。あとは、先住植物たちの周りもうまくカバーできるようにカットしていくのもかなりキツかった。

裸足の息子がピンをとったり、届きにくいところまで登ってピンを刺してくれたおかげで無事に終了。

昨年10月にクラピアを植えた際、無事に育つのか心配だったので1ポットだけ花壇に植えておいたクラピアをこの傾斜に移植したいと思います。

こんなに小さかったクラピアも冬の間に花壇いっぱいに広がってくれました。でも、あまり手入れをしていなかったので雑草がちらほら。雑草を取り除き元気の良さそうなところを移植しました。

防草シートを敷くのにかなりの労力を費やして疲れてしまったので、とりあえず4箇所のみ移植。沖縄は今週梅雨入り、十分な雨量があります。気温も25度くらいあり、天気が良い日はかなり暑い。

冬に比べて成長が早いはずなので、どのくらい早く広がってくれるのか楽しみです♫?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Like
Close
Copyright © 2021 はるさーキッチン.
Made with by Haruser Kitchen. All rights reserved.
Close