まるごとローストカリフラワーカレー

冬。カリフラワーが安くなってきましたねー。

でも、去年に比べると思ったより値段が下がらない!そして数が少ない。2020-2021の冬は去年に比べて寒いし、なんといっても雨が多かった。農家をやっている友達曰く、日照時間が短かったので収穫量が1/3に減ったそう。本当に雨ばかりの冬でした。

お手頃なカリフラワーが近所の道の駅で売っていたので、さっそく2個購入。カリフラワーをまるごと使って、カレーを作りました。

これ、カリフラワー好きにはたまらない逸品なのです。ヴィーガンなんだけど、もうこれがヴィーガンだからとかじゃなくて、とにかく美味い。

まるごと使っているので、見た目も華やか!あらかじめカリフラワーをマリネしなくちゃいけないし、オーブンで焼くので、ちょっと時間があるときに作る特別な逸品でございます。

ケーキみたいに真ん中から切ってもいいし、スライスしたのをお皿にのせて、そこにカレーソースをかけるのもいいかも!ホクホクのカリフラワーがソースによく絡みます。

カリフラワーは、あらかじめヨーグルト、しょうがとスパイスを混ぜたソースに漬け込みます。インド料理では、お肉やシーフードもよく調理する前にあからじめヨーグルトマリネしますね。

翌日ローストするために、前日準備してもOK。マリネは最低1時間。一晩冷蔵庫で寝かせるとしっかり味が染み込みますね。

これが、マリネしたあとのカリフラワー。カリフラワーの房の間にもヨーグルトマリネが染み込んでいい感じです。

カレーに使うソースには、できれば完熟したトマトで。形が崩れるまで火を通すので、適当に角切りでOK。

 

まるごとローストカリフラワーカレー

ナンやご飯と一緒にいただきます。
Servings 2
下準備 1 hr
調理 20 mins
Total 1 hr 20 mins

材料
  

マリネ

カレーソース

作り方
 

カリフラワーの下準備

  • 鍋たっぷりの水を入れて沸騰させる。そこにターメリックと塩を入れてかき混ぜたらカリフラワー投入!4分ほど茹でる。柔らかくなりすぎると形が崩れるので注意。
  • マリネの材料をすべて保存バックや袋に入れて、カリフラワーが茹で上がったら水気を切って加える。ソースが満遍なくカリフラワーに行き渡るように袋の口を閉じて混ぜる。
  • そのまま最低1時間マリネする。一晩冷蔵庫で眠かせてもよし。

カレーソース

  • 鍋を熱して、分量の油を引いく。たまねぎを入れて、透き通るまで火を通したらにんにく、しょうがのすりおろしを加えて、飴色になるまで炒める。
  • トマト、ターメリックと塩を加える。トマトの形が崩れたらガラムマサラを加える。
  • 3分ほど炒めてソースっぽくなってきたら火から下ろして、ハンドミキサーでピューレにする。
  • ココナッツミルクを加える。この時ソースを沸騰させすぎないように。ソースの完成。
  • 耐熱皿にマリネしたカリフラワーを置いて、そこにできたソースの1/3をかける。スプーンを使って満遍なくかけたほうが仕上がりがよい。あとはオーブン180度で15-20分ほどローストする。オプションだけど、途中でもう一回ソースをかけるのもあり。
  • 焼き上がったら、カリフラワーの周りにソースを入れて出来上がり!カレーソースを残しておいて、食べるときに上からかけてもよいです。この辺はお好みで。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Recipe Rating




Like
Close
Copyright © 2021 はるさーキッチン.
Made with by Haruser Kitchen. All rights reserved.
Close